2020年04月28日

飲食業の方へ

ひろ季のブログを読んでくださっている
飲食業の方へ。

飲食業のテイクアウトについて

様々な飲食店でテイクアウトが始まっています。是非お客様に飲食店のテイクアウトのご利用が増えることを切に願います。

その中で飲食店の方々も気温上昇に伴い食中毒のリスクや免許のことも頭に入れていただきお客様への安全なる食卓の提供を続けていただきたいです。どこかで食中毒が起こると今始まったばかりのテイクアウト需要がネガティブなものになってしまいます。
調理後の予熱温度40℃から30℃の間をいち早く下げるを基本にノロウイルス対策、O157対策も必要になってきます。

飲食店の免許でテイクアウトは可能になりますが、どこかへ卸す、誰かに販売してもらう等は「惣菜製造業」が必要になり、店のデザートや菓子類を販売する場合は「菓子製造業」が必要になってきます。
私の店では16年前からテイクアウトをしていたにもかかわらずSNSを通じて「免許を持っているのか」など横槍が今でも降ってきます。せっかく知恵を絞って飲食店の方々が考えたテイクアウトも何等かの横槍が降ってくると免許を取得していても実は傷つきます。ご自分の自治体の保健所の免許制度を今一度確認してみましょう。

もう一つ、忘れてはならないのが製造物責任保険、通称PL保険の有無。万が一に備えて加入の有り無しの確認、加入をお勧めします。

そして難関極める、従業員の雇用助成金。
緩和されたとはいえ様々な提出物と混雑、書き直しや100%通るかがわからない状況です。今日の午後、社労士さんと飲食店の雇用助成金の最終提出調整をしてきます。
できるだけ従業員の雇用を守れるよう確認してきます。
必要であればなんでも聞いてください。

テイクアウト需要を含め、お弁当容器やアルコールのテイクアウトなど容器、瓶が不足していると聞きます。
同じ函館市の方なら、市内の在庫豊富な業者さんをご紹介できます。(瓶は全国区)

私の知っている限りのことになりますが
なんなりと聞いてください。答えられる範囲で回答し必要な部分は専門家に促してみます。

GW明けまで休業してもおそらく状況はそんなに変わらないのではないかと私は長期戦に挑むつもりです。
世の中に必要な飲食店を一店でも減らさないために力を合わせましょう。

女将 緋田和美
posted by hiroki at 10:35| 北海道 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする