2021年10月19日

御節料理

今年も年末のご案内をさせていただく頃になりました。
毎年定番の御節料理です。

キンキの姿焼き
鮑黄金焼き
クジラベーコン
自家製からすみ
蟹爪
穴子
たこのやわらか煮
ボタンエビ
ホッキ貝

など豪華に盛り合わせています。
こちら1つあると、お酒のおつまみにしても
最適です。

数に限りがありますのでお早めにお申し込みください。

お電話でも承ります。
下記から決済も可能です。
北海道内は、配送も可能です。


ご予約お待ちしています。





posted by hiroki at 16:37| 北海道 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月13日

チーズプロフェッショナル2021

2021 チーズプロフェッショナル資格試験合格しました。


何千年の歴史がある発酵食品、チーズに魅せられて思いっきり勉強しました。
チーズは、お菓子の材料にも含まれている事もあり、勉強しなければならない通過点でもありました。

ヨーロッパをはじめ、世界中のチーズの乳種、大きさ、製法、テクスチャーや味わい、気候風土によるチーズの個性を学ぶのにとてもいい協会でした。

一次から二次までの合格率が20%〜30%だそうで満を持して挑戦しました。
緊急事態宣言で休業している間は、
朝から晩まで引きこもり。一日8時間を目標に勉強を続けました。

試験は全て記述式で、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語のチーズ原語を求められて、正解でも誤字脱字があれば勿論無点、文章も一般常識を問い、二次は教科書外からも出題という冒険のような試験でした。

資格ビジネスとは程遠く振るい落とすこの協会にも惚れ惚れ。20年間で3500名しか合格者を出していません。

主要チーズ150品目の、乳種、直径高さ、重量、乳固形分重量を覚えました。万が一、出題されても一種類なのですが。

二次試験は、予想問題や、過去問も当てにはならない試験。

試験当日、問題用紙を見た瞬間、
合格を確信しました。試験の中で、初めてこんな感覚を味わいました。
正に、事前準備なのでしょうか。
学生時代の自分に教えてあげたかったです。

チーズのテイスティングは、
目視で、熟度、製造月、カビ名も判別できるように。

これからはチーズと日本酒のペアリングをはじめ、北海道のチーズを知り尽くしたいと思います。久しぶりに試験に挑戦し良い時間を過ごしました。

先ずはご報告まで。

5787DD28-BEE7-4D09-A468-9987B095C552.jpg31039319-F357-41F1-87E4-D19949723CE6.jpg8AA05645-4BDB-4868-953D-512FB9DF8A89.jpgF6D06E34-F94C-472D-9E0B-463F50C93058.jpgC0E5CB56-C99F-4872-9EB6-F70E46134A94.jpg
posted by hiroki at 12:35| 北海道 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月08日

鵡川産ししゃも

鵡川産ししゃもが入荷致しました。
この季節の限定です。

02D23B9E-6E06-4492-9844-D8983B10DB49.jpg

明日も入荷予定です。


posted by hiroki at 16:54| 北海道 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする